Profile Archive

| 作編曲 | Music | Classic | Jazz,Inst. | Pop,Rock | Soundtrack |
| | メモ | 呟き | テレビ・映画 | Hatena | 未分類 | 購入CD | 購入本 | 購入DVD |

例の作曲家騒動

例の作曲家騒動を受けて、関連のCDを町のCD屋で確保しておいた。交響曲と弦楽作品とソナタ。何か、大変なことになっているようだ。今まではまともに聴こうと思えなかったが、やっと聴く気になった。それにしても、「全聾の作曲家」とは不謹慎。スメタナ激怒ではないか。
あと、日本ではこういう音楽家が一定の周期で持て囃されるような気がして暗澹たる気分になる。梯剛之さん、辻井伸行さん、川畠成道さん、熊本県立盲学校の打楽器重奏、エヴェリン・グレニーなどなど。これは何でしょうか。「検校」を敬う精神が日本人に残存しているのでしょうか。もしくは琵琶法師の物語に耳を澄ますようなあれでしょうか。冷静に考えたい話題ですけども。ちなみに辻井伸行さんの音は、とても綺麗だと思っています。

読んでる本のメモ

教師が質問し、それに対して挙手して答えようとしない子どもがいる。その理由。

  • A:教師の発問を聞いていなかったのではないか。
  • B:質問は聞いていたのだが、質問の意味がわからなかったのではないか。
  • C:質問の意味はわかっているのだが、答えかたがわからないのではないか。
  • D:答えかたはわかっているのだが、答えがわからないのではないか。
  • E:答えはわかったが、間違えたら恥ずかしいので、挙手しないのではないか。
  • F:まちがって答える子どもがいる。
  • G:しかも、まちがえた答えのなかには、正答に近い誤答と、正答からは遠い、とんでもない誤答とがある。

吹奏楽指導

去年の4月から、とある吹奏楽部の指導をしています。吹奏楽らしい吹奏楽から随分長い期間離れていたため、当惑することも色々とありましたが、教えるこちらの側も教えられる向こう側も少しずつ慣れてきた感じです。

以下はメモ。

  • 明日から音階練習の別のバージョンを配る。
  • コンクールの曲を決めたので、曲の具体的な指示を出していくことにする。
  • 打楽器が2名しか居ないので、楽器の割り振りを考えて指示する。

近況報告

最近、ここが「買ったもの報告」になっていることを反省しつつ、短い近況報告を。

この夏は怒涛の研修ラッシュ。経験が足らないのは自分で認識しているし、周囲もハラハラしていると思うので、単純に研修はありがたいのだ。人とたくさん会えるのは、本当に助かる。可能な限り吸収できることをしっかり身につけたいと思うが、9月からの準備が一切出来ていないという不安に苛まれている。

読もうと思っていた本も高く高く積んだまま…。家族とも色々なところへ出かけたいし、時間が少ない。と、言い訳しつつ、読む本をメモ的に投稿しておくのです。